映画GREATFUL DEAD(グレイトフルデッド)公式サイト

INTRODUCTION

瀧内公美孤独な人間を観察することが趣味の“孤独ウォッチャー女”。今、まさに孤独死を迎えようとしている“頑固一徹な爺さん” 孤独だった爺さんは、ある日、信仰によって“救い”を見いだし、生きる希望をもった。しかし――

あなたが救われるなんて・・・許せない!

超高齢化社会という重たい背景を吹き飛ばすような、破壊力満点のブラックコメディ。 団塊の世代が続々と高齢化をむかえ、日本はどの国も経験したことのない高齢化社会を迎える。<無縁社会>が話題となり、 <孤独死>という言葉が現実となって私たちの前に立ちはだかる。しかし、孤独は何も高齢者たちだけの問題ではない。 本作はそんな孤独を抱えたひとりの女と爺さんが織りなすブラックコメディだ。

大抜擢!新人女優・瀧内公美! そして、数々の役をこなす職人俳優・笹野高史が、出演を躊躇した“爺さん”役に挑む!!

他人の孤独をウォッチングして心の平穏を保つ女には、オーディションにより大抜擢された瀧内公美。 まだまだ無名だが、とことん屈折した難しいヒロインの役に果敢に挑戦している。 孤独死寸前で救いをたぐり寄せた爺さん役には、名バイプレイヤーの笹野高史。時代劇、現代劇、SF、アニメ、ファンタジーなど 数々の老人役を演じた笹野が「一瞬、躊躇した」というほどの壮絶な体験をする爺さんを嬉々として演じている。ラストに向けて、 サイコなヒロインとのパンクな戦いのシーンは必見だ。 そんな笹野が「こんなにガツンと一発食らったような刺激的で面白い爺さんは初めてだ」と語る本作品の脚本・監督には、内田英治。 04年に『ガチャポン』で監督デビュー。『地球でたったふたり』(07)は、多くの海外映画祭で上映され高い評価を得ている。 本作も全米最大のファンタスティック映画祭“Fantastic Fest”を皮切りに、世界10箇所以上の映画祭上映が決定。 さらにはイギリスでの配給も決まるなど、海外で注目を集めている。その内田英治のオリジナル脚本に惚れ込み、多彩な俳優陣が 参加。韓国若手女優のキム・コッピをはじめ、矢部太郎、酒井若菜、木下ほうか(本作のプロデューサーとしても参加)、松田賢二、 板尾創路らが、新人女優VS職人俳優の愛と狂気の戦いを、より一層深みのあるものに仕上げている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © GREATFUL DEAD(グレイトフルデッド) All Rights Reserved.