ブレイキングダウン6の男女対戦カード(経歴プロフィール)と試合結果速報はこちらから!!

【Twitter有料化なぜ】何がデマで何が本当?ツイッターがいつからどうなるか判りやすく解説

スポンサーリンク

Twitterのトレンドにある『Twitter 有料化』というキーワード。

Twitterの新オーナー「イーロン・マスク氏」がTwitterを更に稼げるソーシャルメディア企業にするための一つの手段として出たのがこの『Twitter 有料化』です。

SNS上では「何が本当で何がデマか判らない・・・。」という声が多く上がっています。

今回の記事では『Twitter 有料化』に焦点をあてご紹介していきたいと思います。

今回の記事で知れること

  • Twitter有料化はなぜなのか?
  • Twitterはいつからどうなるのか?
  • Twitter有料化ってデマなの?何が本当でなのが嘘?判りやすく解説
スポンサーリンク
目次

Twitter有料化なぜ?

Twitter有料化なぜ
Twitter有料化なぜ(引用:Twitter

Twitter有料化は本当!全てがデマではない!

Twitter有料化ってデマなんでしょ??なんて声を多く見ますね。

Twitterが有料化されるのは本当です!ですが皆さんが知るTwitterが有料化されるわけではありません。

Twitterとは別のアプリ【Twitter Blue】というアプリが存在しており、これが一部機能を有料化することで、お馴染みのTwitterも有料化されると話題になってしまった。というオチです。

ここからの内容は【Twitter Blue】に関する情報となっています。

Twitter内部に詳しい人物の情報によると以下の情報が挙げられていました

  • 一定時間を超過すると課金が発生
  • メンションや返信、検索などの機能で優遇される
  • 一般ユーザーが著名人に非公開メッセージを送信することができる「有料DM
  • ユーザーに視聴料を請求する「有料動画

一定時間は無料で利用でき、一定時間を過ぎると課金が必要になるサブスクリプションモデル」の構築を計画しているとされています。

引用:livedoor

一般ユーザーが著名人のTwitterアカウント宛てに非公開のメッセージを送信することができるようになる「有料DM」の実装や、ユーザーに視聴料を請求する「有料動画」の実装、さらには従業員の半数を解雇することなどを計画していることが明らかになりました。

引用:gigazine

Twitter有料化は著名人が儲けることが出来る

Twitter有料化について『有料DM』などの案が出ていました。

一般ユーザーは低価格で著名人に『有料DM』を送信出来る。

それを受け取る著名人に収益が入る。

このようなシステムが検討されているようです。

スポンサーリンク

Twitter有料化はTwitter社の収益改善の一手

Twitterの新オーナー「イーロン・マスク氏」が考えた収益改善の手段は【大胆な経費削減】と【ユーザーを惹きつける優良機能の追加】だと言われいます。

Twitter社に詳しい人物が言うには、Twitter社従業員の約半分を解雇するような大幅な経費削減を検討しているそうです。

Twitter社の改革行動が『Twitter有料化』というキーワードを生んだわけですね。

Twitter有料化会員は青い認証バッジで丸わかり

Twitter有料化に伴い、有料会員となった者すべてに認証バッジを取得可能となるとの情報もありました。

のサービスに登録した人は、誰でも青い認証バッジを取得可能になった。これは、いままで雇用主の情報、電話番号、運転免許証のコピーなど個人情報を提示して審査を通過する必要があった青い認証バッジが、単なる「有料ユーザー証明書」でしかなくなったということだ。

引用:gadded

著名人などが青い認証バッジを取得しているイメージだったが、今後は一般ユーザーも取得可能となることから【青い認証バッジの価値】でいうと低下するのかもしれませんね。

スポンサーリンク

Twitter有料化はいつからでどうなる?

Twitter有料化は2022年中に実装!?

Twitter有料化は未だ実装予定は明確となっていません。しかしながら、大凡の目処は立ちます。

既に実装されているカナダとオーストラリアは2021年の夏〜。

同年11月にアメリカ、ニュージーランドでサービス開始されています。

このように各国で早々とこの有料化されたTwitterが実装されている。恐らく2022年中には日本にも浸透してくると予想します。

なぜ日本への浸透が遅れている?

何でもソフトローンチという手法が使用されているようで、直訳すると「緩やかに公開」というニュアンスのようです。大国と言われるアメリカや先進国である日本への浸透は参入障壁が高い。このことから市場の小さな国からゆっくりとリリースしていくような行動を「ソフトローチン手法」と呼ぶようです。

このソフトローチン手法を活用する目的は「使用ユーザーからの意見などを反映させ改善する。また新たに見つかるバグなどを改善するため」

確かに使用ユーザーが多い、アメリカや日本でいきなりリリースすると改善負荷が膨大になりそうです。

Twitter有料化の金額は?

アメリカで実装されたTwitter有料化の会費は月額350円。

日本でも同様の350円/月が月額料金となることが予想されます。

スポンサーリンク

【Twitter有料化なぜ】何がデマで何が本当?ツイッターがいつからどうなるか判りやすく解説|まとめ

Twitter有料化。驚きましたね。

しかし、皆さんご存知のTwitterが有料化されるのではなく、別アプリ【Twitter Blue】が有料化されるというオチでした。

最後までお読みただきありがとうございました。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次