ブレイキングダウン6の男女対戦カード(経歴プロフィール)と試合結果速報はこちらから!!

ブレイキングダウン6を今すぐ視聴する方法!見逃し配信やアーカイブは完全無料視聴可能!?

ブレイキングダウン6無料視聴方法
スポンサーリンク

RIZIN格闘家の朝倉未来選手がスペシャルサポーターを務める【1分間最強を決める大会ブレイキングダウン】の
人気は止まることを知らず、次回第6回大会を迎えます。

今回の記事をお読みになっていただいている皆さんの心境はこのような感じでしょうか?

・ブレイキングダウン6を今すぐ視聴する方法を知りたい!
・ブレイキングダウン6が完全無料で視聴する方法を知りたい!
・AbemaTV登録方法やPPV(ペーパービュー)の購入方法を知りたい!
・見逃し配信やアーカイブを視聴する方法を知りたい!

これを全て解決致します!!

まずはこれを把握して!!
・「ブレイキングダウン6」は2022年11月3日(木)祝日に開催されます。
・AbemaTVの独占生配信となるのでAbemaプレミアム会員になる必要があります。
・AbemaTVを初めてご利用される方は14日間の無料トライアル期間でお得に視聴可能です。
ライブ配信(生配信)視聴方法はPPVチケットが必要。
・「ブレイキングダウン6」を完全無料で視聴する方法がある。
当日は登録出来ない可能性があります。事前のAbema登録をオススメします。
見逃し配信やアーカイブは完全無料で視聴可能。

記事構成が少し長くなりますので【自分が知りたいこと】を目次で確認し
スキップしてご覧いただく方法をお勧めいたします!!

スポンサーリンク
目次

ブレイキングダウン6を最安価で視聴する方法|簡単登録&解約手順

ブレイキングダウン6のライブ配信(生配信)は無料では見れません・・・

但し、3〜5日待てばでアーカイブを完全無料で視聴可能です!

初めにブレイキングダウン6ライブ配信(生配信)を見たい方に向け【最安価で視聴方法】をご紹介。

  1. AbemaTV無料トライアル】でブレイキングダウン6の全試合を最安価で視聴しよう!
  2. Abema TV の登録&解約はたったの3分で完了(記事内に登録画面あり)

Abemaプレミアム会員がおすすめの理由|無料トライアル期間が最安価で超お得!

ブレイキングダウン6は『Abema TV の独占配信』となります(過去大会同様)

Abemaプレミアム会員がおすすめの理由は「無料トライアル期間」が2週間用意されていること!
視聴コンテンツに無駄なお金を使わなくて済むのが一番の旨味です!

ABEMAプレミアムの特徴をご紹介

  • 月額料金:960円(税込)
  • 無料トライアル期間あり(2週間)
  • 約15万作品を視聴し放題
  • 同時接続は1デバイスのみ
  • ダウンロード機能すれば通信制限を使用しません
  • 広告が表示されないのでスムーズに視聴可能
  • 無料ABEMA会員にはない、特別映像も視聴可能
  • ライブ配信中でも巻き戻し機能を使える

最安価に拘る方は「無料トライアル期間に解約する!」これをお忘れなく!
詳しい解約手順も画像付きでご紹介します!

ABEMAプレミアム会員

Abemaプレミアム会員&無料トライアル|登録作業5分で完了!手順を解説!

Abema無料トライアルに登録するステップは以下の5ステップです!

  1. アプリ内メニューmenuicon_ios.pngより[マイページ]をタップ
  2. [視聴プラン]をタップ
  3. ページの最下部まで確認したら[まずは¥0トライアル]をタップ
  4. 注意事項を確認のうえ[ABEMAプレミアムに登録]をタップ
  5. App Storeの決済画面が表示されたら承認(価格に「¥960/月」と表示されている場合は無料体験対象外)

登録前にこんなことを思った方がいるかも!

・なぜ無料トライアルなのに決済登録が必要なの?
・これって勝手に有料に切り替わるんじゃないの?
・本当に無料なのか?


この疑問を全て解決します!

スポンサーリンク

Abemaプレミアム会員登録時の不安を解消!

Q.なぜ無料トライアルなのになぜ決済情報が必要なの?

A.無料トライアル終了後、自動的に月額960円の本登録に移行されます。無料体験後もスムーズにAbemaを楽しんでもらうためのショートカット設定みたいなものですね!無料期間終了日時の24時間前までに解約すると料金は一切かかりません。

Q.無料トライアル期間って何?

A.Abemaプレミアム初回登録日を含め14日後までの2週間は完全無料でAbemaコンテンツを視聴出来る!
(ABEMAプレミアムは有効期限の24時間前に次回更新分の料金が請求されます)

Q.Abema無料トライアル期間を忘れて解約まで忘れてしまいそう。

A.アプリ内[マイページ]>[視聴プラン]の順にタップすると、「ABEMAプレミアム」の下に日時が表示されます。スケジュールなどに登録しておくと忘れ防止出来ますね!

Q.ABEMAコインって何?

A.ABEMAコインとはABEMA内でコンテンツ購入・使用する際に必要なサービス内通貨のこと。ペイパービュー購入にも必要になります!Q.iPhoneでペイパービューを購入したけど、これをテレビで視聴することは可能なの?

当日登録はリスク大|視聴出来ない可能性

登録面倒くさいな。当日に登録しよう・・・

ストップです!

ブレイキングダウン6当日はAbemaTVのサーバーアクセスが多くなり、
サーバーダウン回避の為、登録制限を設ける可能性があります。(過去に実例あり)

これではブレイキングダウン6のライブ配信(生配信)を視聴出来ません。

ブレイキングダウン6の当日が無料トライアル期間に被るタイミングでの事前登録をオススメします!!

※無料プレミアム期間は2週間であることから、早すぎる登録はNGです

Abemaプレミアム会員|解約作業5分で完了!手順を解説!

1.アプリ内下部より[マイページ]へ移動

2.[設定]をタップ

3.[視聴プラン]をタップ

4.[解約に進む]へ移動

5.画面下部へ移動し[解約を続ける]をタップ

6.アンケートを答え(任意)、[移動して解約する]を選択

これだけで解約終了です!簡単でしょ!

スポンサーリンク

ブレイキングダウン6|PPV購入方法を分かり易く解説【画像手順】

最近はブレイキングダウンの他にもRIZINなどの有名な格闘技団体全てがPPV視聴の導入を開始しました。

勿論、ブレイキングダウン6も『PPV』の購入が必要になります

なんだか面倒臭いですよね。PPVの購入ってどうやるんだよ・・・

そこで、誰でも簡単にPPV購入が出来るように実際の登録画面の画像で解説を行なっていきます!

PPVチケットは絶対前売りがお得!

前売り:2,800円
当日:3,300円

最安価に拘る方は断然前売りチケット購入ですね!

  • 全試合ライブ配信で視聴可能
  • ライブ配信中の巻き戻し機能が使える
  • チャット機能使用可能
  • 見逃し配信視聴可能

販売開始〜終了期間

現在販売期間については発表されていませんが
大会当日より1ヶ月前に発売が開始されると思われます(過去の実績より)

【画像で解説】たった5分!AbemaでPPVを購入する方法

STEP1.2

STEP3.4

STEP5.6

STEP7.8

購入後、トップページ「ペーパービューページ」から視聴可能です!

【画像で解説】ブレイキングダウン公式サイトでPPVを購入する方法

ブレイキングダウンにもオリジナルPPV配信プラットフォームが誕生しました!
この公式サイトからでもPPVチケットを購入することが出来ます!

STEP1:会員登録

重要ポイント
新規登録の場合は「PPVの購入」から登録すると支払方法がクレジットカードしか選択出来ません。
クレジットカード以外を選択したい方は、まずは会員登録を済ませ、ログイン→購入手続きすることをおすすめします!

STEP2:必要情報を入力

重要ポイント
ニックネームの設定には気をつけてください!
ABEMA内のチャット機能などを活用する際にここのニックネームが表記されます。
身バレしてしまうので「個人情報が含まれないニックネームを活用」することをおすすめします!

STEP3:支払い方法を選択

たったこれだけの手順でPPVを購入することが出来ます!
これだと5分以内で作業完了出来ちゃいますね!!

スポンサーリンク

ブレイキングダウン6を大画面(テレビ)で視聴する方法

携帯電話などの小さな画面で見るより、自宅のテレビと連携させて大画面で視聴したい!

そんな方に向けて【テレビでブレイキングダウン6】を視聴する方法をご紹介します。

テレビで視聴する方法は以下の4つ!

  1. テレビ上のABEMAアプリで視聴 ※AndroidTV搭載テレビのみ
  2. スマートフォン、タブレット、パソコンの画面をテレビに表示させる
  3. その他のデバイスをテレビへ接続する
  4. テレビデバイスへのアカウント共有(携帯電やパソコン等で購入したPPVをテレビに連携)

それぞれの方法を詳しくご説明しますね!

方法①|自宅のテレビでブレイキングダウン6を視聴する方法

テレビでABEMAを視聴するにはまず

「お家のテレビがABEMA対応なのかどうか」

を知る必要があります。

  • ソニー BRAVIA®
  • シャープ AQUOS
  • パナソニック ビエラ
  • 三菱電機 REAL
  • 船井電機 FUNAI
  • Hisense
  • 東芝 REGZA
  • TCL
  • プライベート・ビエラ

引用:AbemaTV公式サイト

AbemaTVを視聴可能なテレビならAbemaアプリをインストールして視聴しましょう。

方法②|スマートフォン・タブレット・パソコンの画面をテレビに表示させる

視聴に使用するデバイスによって手順が異なります。

以下の利用するデバイスを選択すると詳しい視聴方法が確認できます。

iPhone/iPad
Androidスマートフォン/タブレット
パソコン

方法③|その他のデバイスをテレビへ接続する

  • Apple TV
  • Android TV
  • Fire TV
  • Fire タブレット
  • Chromecast
  • パナソニック 4Kディーガ/プライベート・ビエラ

上記のデバイスならテレビ接続でブレイキングダウン6の視聴が可能です。

テレビで見る方法に関する詳しい情報は、Abemaの公式サイトをご覧ください。

方法④|テレビデバイスへのアカウント共有

携帯電話やパソコンで購入したPPVをテレビに連携し、視聴することが出来ます!

手順は「テレビデバイスへのアカウント共有方法」をご参照ください!!

スポンサーリンク

ブレイキングダウン6の見逃し配信やアーカイブを完全無料で視聴する方法

ブレイキングダウン6の見逃し配信&アーカイブはあります。
加えて、
ブレイキングダウン6を完全無料で視聴する方法もあります

PPV購入者は期間内であれば見逃し配信見放題

PPV購入したのに仕事で見れなかったよ・・・

心配はいりません。

PPV購入者は大会当日から一週間は見逃し配信期間となりますので何度でも繰り返し視聴可能です!

ブレイキングダウン6の完全無料視聴方法

ブレイキングダウンのライブ配信(生配信)はPPVが必要です。
しかしながら、3〜5日待てば完全無料で視聴することが可能です!

視聴方法は【朝倉未来YouTubeのアーカイブで視聴】になります。

実際に第1〜5回大会までのブレイキングダウン全試合を公開していますよ!

当日に完全無料でブレイキングダウン6を視聴したい方【要注意】

ライブ配信(生配信)での視聴は困難ですが少しのタイムラグであれば
ブレイキングダウン6当日に無料視聴する方法もあります。

  1. 切り抜きYouTube
  2. SNS投稿
  3. 違法サイト

しかし、これらの視聴方法はオススメできませんね・・・

理由は違法配信の可能性が高いからです。

近年ではこのように違法サイトやSNSで無料配信を行なっている方がおられますが
これを視聴した方も罪に課せられることがあります。

やはり安全にブレイキングダウン6を視聴するなら
【AbemaTVでPPV購入】
【朝倉未来YouTubeのアーカイブを待つ】

に限りますね!!

ブレイキングダウン第5回大会(フル)

ブレイキングダウン第4回大会(フル)

ブレイキングダウン第3回大会(フル)

ブレイキングダウン第2回大会(フル)

ブレイキングダウン第1回大会(フル)

1回大会から5回大会と物凄いスピード感で駆け上ってきたブレイキングダウン!
ブレイキングダウン6は是非ライブ配信で視聴したいですね!!

スポンサーリンク

ブレイキングダウンの基本情報

ブレイキングダウンとは

ブレイキングダウンについてはこちらの記事でご紹介しています。

ブレイキングダウン公式サイト紹介

ブレイキングダウン公式サイトと公式SNSはこちらになります。

最新情報なども配信されているので、試合結果や注目選手なども一目で把握出来ますよ!!

スポンサーリンク

ブレイキングダウン6無料視聴方法を解説|まとめ

今回の記事では
・ブレイキングダウンを完全無料で見る方法はあるの?
・ブレイキングダウンをライブ配信(生配信)で見たいけど、視聴方法は?
・AbemaTV独占配信って聞いたけど、PPV買ったことないし登録購入の方法が判らない。面倒くさそう・・・。
・見逃し配信やアーカイブはあるの?

このような方に向け、ブレイキングダウン6を視聴する方法をお届けしてきました!

ブレイキングダウン6は前回同様ABEMAの独占配信となります。
無料プレミアムを活用し、最安価で視聴する方法を試してみてはどうでしょうか?
違法サイトでの視聴はやっちゃだめですよ!!

PPVチケットも前売りならその他格闘技団体のチケットと比べ安価で手に入れることが出来るので
ぜひライブ配信で皆さんで盛り上がりましょう〜!

最後までお読みいただきありがとうございました!!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次